Questions? +1 (202) 335-3939 Login
Trusted News Since 1995
A service for global professionals · Wednesday, May 12, 2021 · 540,915,367 Articles · 3+ Million Readers

Tim Booth氏(ティム・ブース) FVP Tradeの2021年以降のグローバル的拡大と成長を説明

Mr Tim Booth CEO

コロナウィルスのパンデミックが世界の障壁になっている可能性はありますが、CFD仲介企業のFVP Tradeは減速することなく、拡大計画を推進し続けています。

「ビジネスにおいて、危機と機会は隣り合わせであることを私たちは知っています。我々はそのような状況に対処できる以上の能力を持っていることを証明することができました。楽観主義者であれば、不安定さが私達を更に強固にしたとさえ言うかもしれません。」とTimは強調しました。”
— Mr Tim Booth CEO
LONDON, UNITED KINGDOM, April 20, 2021 /EINPresswire.com/ -- FVP Holdings、CEO・Tim Booth

FVP Tradeは成長の新たな段階に着手しており、ブローカーはヨーロッパ及びアジア全域に地理的な優位性を拡大し、製品ポートフォリオを改善しています。

FVP HoldingsのCEOであるTim Booth氏に、コロナウィルスがビジネスにどのような影響を与えたか、そして将来について詳細をお聞きしました。

パンデミックがFVP Tradeにとってどのような影響を与えたかを尋ねられた際に、Timはこのパンデミックは恐らく小売仲介業者が何年にも渡って直面する必要のあった最大の試練であると強調しました。

「FVP Tradeでは、鍵となる拡大計画の実行に引き続き注力してきました。コロナウィルスは我々の障壁になっておらず、それどころか、私達の堅牢なビジネスモデルへの信頼性は加速を強めています。当社はオンラインサービスプロバイダーであるがため、他の多くの企業が受けたような従来の意味での影響を受けていません。顧客はロックダウンの最中でも、受賞歴をもつ当社のプラットフォームにアクセスが可能でした。」

「コロナウィルスは企業の運営機能を劇的に変化させましたが、当社の緊急事態対応計画により、新しい様式への対応はよりシンプルになりました。当社は充分な準備ができており、全てのスタッフが遠隔で作業をおこなうために必要なインフラを備えていたため、遠隔での作業は当初予想していたよりも簡単に移行可能でした。」

コロナウィルスが業界に与える影響について

CFD業界がコロナウィルスパンデミックにどのように対応をしたか尋ねられた時、高まる不確実性の最中にトレーダーの動きがより活発になったため、ブローカーはコロナウィルスの背後にいる勝者の1人であるとTimは答えました。

「ビジネスにおいて、危機と機会は隣り合わせであることを私たちは知っています。我々はそのような状況に対処できる以上の能力を持っていることを証明することができました。楽観主義者であれば、不安定さが私達を更に強固にしたとさえ言うかもしれません。」とTimは強調しました。

「当社の緊急事態対応計画は、コロナウィルスが世界に拡大を始めた今年の初めに発効されました。お客様のニーズを満たすために、トレーダー教育プログラムを実際のセミナーからオンラインのウェビナーに迅速に移行しました。」

人々の取引方法を変える

では、パンデミックが与える長期的な影響はどうでしょうか?
Timは、コロナウィルスが投資家の取引の慣習を変えたと信じています。投資家は昼夜を問わず取引をおこない、現在では膨大な数の投資家がモバイルアプリを使用しています。

「CFD業界でのスマートフォンユーザーの増加は、モバイルトレーディングアプリの効率化を基準にして仲介者を選択するということを意味しています。FVP Tradeの顧客がスムーズにモバイルでの取引をおこなえるようにサポートをしており、カスタマーポータルプロセスを加速できる革新的な進歩の始まりであると考えています。」
と、Timは付け加えました。

彼は更に、「我々が技術のアップグレードを続ける中で、量子コンピューターと機械学習を使用して最先端のカスタマーポータルの運用も検討しています。」

FVP Tradeは引き続き、テクノロジーとチームに焦点を当て続ける

更に、Timは、それらの技術のオーバーホールと新製品の着手にも多額の投資をしていると説明をしました。前述のように、FVP Tradeはそのチームを増やしています。

彼は続けて、
「量子コンピューティング部門のQFinity Labsの買収も2019年に行われ、そこには膨大なリソースが割り当てられました。顧客にとって収益性の高い取引アルゴリズムをいくつか作成した為、このような短期間において得ることのできた結果に大きな誇りを感じています。当社は、お客様にとって正しいことが長期的には企業にとって最善であり、将来の意思決定を促進すると強く信じています。」

教育は引き続きFVP Tradeの最前線である

前述の全ての変更を除けば、トレーダーの教育はFVP Tradeにとって主要で重点分野であり続け、それは今後も最大の重点分野の一つとして残るでしょう。会社の刷新されたWeb Siteで確認ができます。

新しいセクションは、トレーディングに不可欠な全てのトピックスをカバーするトレーディング戦略と、最新のマーケットニュースを配信する為のウェブサイトのセクションである市場分析です。

教育に重点を置いていることから、FVP Tradeは以前より開催していた実際のセミナーの代替となるオンライン教育ウェビナーの開催を計画しています。ウェビナーには、顧客に対して洞察と知識を伝える熟練のトレーダーと投資家が含まれます。これに加えて、FVP TradeのチーフマーケットアナリストであるJames Stewart(ジェームス・スチュワート)が率いるトップアナリスト達によって照合された市場分析を閲覧することが可能です。

未来を見据えて

もしも、市場の変動が続く場合、2021年は成長の為の優れた機会を提供することが期待できます。しかしながら、Timによれば、FVP Tradeは2021年後半に何が起こるかを心配するのではなく、2020年中期から取り組んできたプロジェクトに引き続き焦点を合わせ続けます。

彼はこのように述べます。
「過去数年間の戦略が効果的であると確信しており、当社が設定をした目標を達成するための非常に明確な計画があります。」
「当社は引き続き販売及びマーケティング戦略を強化し、現在進出している全ての国におけるポジションを高め、更には量子研究によって当社のおこなう事業の全ての分野で技術的な開発をすすめます。」

FVP Tradeは、地理的な立ち位置を拡大する過程にもあります。
Booth氏は、同社がアジア全体にいくつかの追加のオフィスを開設し、地域での物理的なプレゼンスを高め、顧客との距離を縮める計画があると発表しました。

Timはこのように加えました。
「現在のところはサプライズとして控えたいと思います。コロナウィルスの現状を顧みて、短期的には事務所の開設を遅らせる可能性があります。しかしながら、2021年の末までには開設できることを信じています。」

Press Office
FVP Trade
email us here
Visit us on social media:
Facebook
Twitter
LinkedIn

Powered by EIN Presswire


EIN Presswire does not exercise editorial control over third-party content provided, uploaded, published, or distributed by users of EIN Presswire. We are a distributor, not a publisher, of 3rd party content. Such content may contain the views, opinions, statements, offers, and other material of the respective users, suppliers, participants, or authors.

Submit your press release